日本で唯一朝宮園という名を使うことが許された茶 日本の五大銘茶のひとつでもある朝宮茶。その中で数パーセントしかない特別なお茶を朝宮園として仕上げました。 朝宮茶の特徴は鮮烈な香りと後口は残ることがなくスッキリとしています。湯の色は山吹色です。 ※朝宮園は丸安茶業株式会社の登録商標です

日本五大銘茶のひとつ朝宮茶の真髄

丸安茶業は滋賀県の産地問屋ということで朝宮地区の茶も全て審査させていただきます。
朝宮は滋賀県でも標高が高く、朝夕の寒暖差が激しく霞がよくでます。朝宮茶とは日本五大銘茶と称される滋賀の朝宮茶、京都の宇治茶、静岡の川根茶、本山茶、埼玉の狭山茶のひとつです。

朝宮茶はなんといっても《香り》がすべて!

朝宮茶は先に述べたように標高が高く寒暖差もあり、霧が発生しやすい特異な地です。そこで栽培される茶の特徴は何と言っても香気の良さにあります。茶は焙煎することにより甘い芳香がでますが、朝宮は焙煎する前の段階からスッキリとした鋭い芳香があります。

余韻の残る《渋味》と《甘味》

朝宮茶は覆いを一切しない完全露地栽培のため、玉露やかぶせ茶のような甘く緑の濃いお茶ではありません。山吹色の水色に、しっかりとした渋味と甘味があります。葉肉が厚いため、一煎だけなく二煎、三煎と何回でも飲んでもらえるという特徴もあります。

名称 緑茶
原料原産地名 滋賀県(朝宮)
原材料名
荒茶 普通煎茶
茶期 一番茶
賞味期限 未開封・約1年(詳細はパッケージに記載)
保存方法 高温多湿を避け、移り香にご注意下さい。
注意事項 開封後はお早めにお召し上がり下さい。
製造者 丸安茶業株式会社

朝宮園 朝宮茶

80g 缶入¥2000